*

ハザードチェッカーとは何か?無料ダウンロードできるアプリの入手先

ハザードチェッカーは、防災アプリとして無料でダウンロードして利用できるものになっています。

防災関連のソフトのようなものはさまざまに存在しますが、ハザードチェッカーは、自分の住む地域や場所の危険度をリアルタイムで知らせてくれるものであり、洪水や土砂崩れ、津波の災害の危険性を気象庁防災情報から位置情報や危険箇所の図を適切に示してくれることで安全か危険かどうかの判断の手助けをしてくれるシステムとなっています。

この防災アプリのハザードチェッカーは、2016年に防災アプリ大賞を受賞していて、開発元である兵庫県立大学大学院の応用情報科学研究科有馬研究室が、国土交通省国土地理院の防災アプリケーション公募の審査にて受賞を受けたものです。

ハザードチェッカーは、自分のいる現在地だけでなく指定した地点の気象防災情報や災害ハザードを分析して多言語で瞬時にダウンロードした端末へと通知をするものとなっていて、GPSの全地球測位システムによって情報が分かりやすく表示されます。

無料のダウンロードで入手するには一般の方には分かりづらく他のアプリと区別しにくいものとはなっています。また単体のアプリとしてではなくwebアプリケーションとしてPCからも利用でき、Android、ios共にQRコードから読み込んで利用できるようになっています。

完全利用にはまだ改善の余地もあるように思われ多少のエラーも発生はしますが、機能面においてはアニメーションでのグラフ化で浸水ナビなどの画面が表示される工夫がされており、マップでは洪水災害、土砂災害、津波災害に分かれて各マップを確認することができ状況に応じた気象の注意報の表示もされ、マップの地図を移動させながらの確認もできるようになっています。

ダウンロードやインストールをせずブラウザ上での確認ができるので地図の苦手な方にも手軽で簡単にでき、旅先や出張先などから家族の安全性の確認などに最適なアプリとなっています。

ab

スポンサーリンク

関連記事

2017年~2018年はラニーニャ現象が起こる?過去の傾向と対策

今年の天気などでよく名前を聞くラニーニャ現象について解説したいと思います。 雪道の運転など関係

記事を読む

車庫入れが上手にできるテクニック

バックで車庫入れやスーパーなどの駐車場で車を入れるとき、何度も何度も切り返して、それでも上手くいかず

記事を読む

一般道路で故障した場合の対処法

前回の記事では、高速道で故障した際の対処の仕方を説明しましたが、今回は一般道で故障した場合のトラブル

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

ありがとうランプでハザードランプでは伝わらない感謝の気持ちを!

車を運転していると、後ろを走っている車の運転手に感謝の気持ちを伝えたい

2017年~2018年はラニーニャ現象が起こる?過去の傾向と対策

今年の天気などでよく名前を聞くラニーニャ現象について解説したいと思いま

高齢ドライバーの事故と対策!免許更新の検査が変わる?

高齢ドライバーが急増しています。 社会全体の高齢者が増加している

新幹線 はやぶさの運賃半額キャンペーン(2017)の申し込み方法

北海道新幹線と東北新幹線として運行しているはやぶさには、一定の条件を満

宿泊施設やコインシャワーを備える人気のサービスエリアを紹介!

最近の高速道路のサービスエリアでは、充実された施設が増えてきています。

→もっと見る

PAGE TOP ↑