*

高齢ドライバーの事故と対策!免許更新の検査が変わる?

高齢ドライバーが急増しています。

社会全体の高齢者が増加していることもありますが、何よりも高齢者自身が若い時から車での移動に慣れており、それが生活の一部として欠かせないものになっているということがそもそもの原因です。

高齢ドライバー

高齢ドライバーに多い事故とは?

高齢ドライバーに多い事故事例はとして知られているのは、アクセルとブレーキの踏み間違いによる建物等への突入事故ですが、他にも交差点や道路への侵入の際に周囲に対する状況判断を誤って、歩行者や他の車と衝突事故を起こす例が少なくありません。これは高齢にともなう視力低下視野狭窄が主な原因と言えるでしょう。

高齢ドライバーの事故対策

高齢ドライバーのこうした事故への対策として考えられるのは、免許更新時における視野検査の実施があります。

現在は視力検査にとどまっていますが、これだけでは十分な対策と言えない部分があります。すなわち、視力が基準を超えていても視野が限られている場合には十分に事故を起こしてしまう可能性があるからです。

免許更新時の検査だけでは対策としては不十分かもしれません。つまり免許更新時の検査を通過した後に視力低下や視野狭窄が急に進むことも考えられるからです。

したがって日常の対策としては、対向車等のドライバーが高齢者かどうか、歩行者等は常に注意を払い、仮に高齢ドライバーが運転していることが判明した際には、その車から十分安全な距離をとって歩行等をすることが重要です。

今や若者よりも高齢ドライバーの方が危険な存在です。自らの命を守るためにも十分な注意を払いましょう。

ab

スポンサーリンク

関連記事

交通事故に遭遇したら警察と保険会社に即効連絡すること

友人で交通事故に遭遇した子がいます。 友人は、後ろからぶつかられたのですが、そうすると明らかに

記事を読む

雪道を歩く場合と雪道の運転の注意点

昨年だったかな?10年ぶりの大雪ということで首都圏だけでなく、雪国でもある北陸や東北地方でも近年まれ

記事を読む

交通事故を起こしたら誰に連絡する?

運転免許というか車の事故に関することで2ちゃんねるのまとめサイトに載っていた面白い話を紹介しますね。

記事を読む

事故を起こしてしまったらどうする?

車と車の事故、車の物の事故、車と人の事故、車を運転する上でどんなに注意をしていても貰い事故などもある

記事を読む

雪で車が動かない!タイヤが空まわりしてる

今年は暖冬と言われていますが、暖冬の方が大雪になりやすいなんて言われています。 雪国では雪道で

記事を読む

AT車のクリープ現象はサイドブレーキでも効かない

先日末ぐらいに、埼玉県川越市の東武東上線で踏切事故がありました。誰も乗っていない軽自動車が勝手に踏切

記事を読む

飲酒運転の点数について

酒を飲んだら絶対に運転するな!!! 痛ましい事故が何件も発生していても中々根絶が難しい飲酒運転

記事を読む

福井のもらい事故判決について

福井のもらい事故判決で本来の被害者側の車の方に4000万円の支払い賠償を命じられたとしてネット上でも

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

ディーラーの下取り見積もりより高値で買い取り可能!滋賀県のおすすめ中古車買取店

滋賀県の年式の古い車や廃車寸前のくるまなどを買い取りをしてくれる会社を

神戸市や姫路市、尼崎市や西宮市にある兵庫県内のおすすめ中古車買取店

神奈川県、茨城県、栃木県、群馬県と関東の中古車売買業者の紹介をして来ま

群馬県の中古車買取店はガリバーやカーセブンやアップルなど大手がおすすめ

群馬県の中古車買取店をいくつかご紹介したいと思います。 県庁所在

栃木県のくるま買取専門店で車検切れした車や廃車になった車を売ろう

今年は、例年より桜の開花が早いとテレビでやっていました。 お花見

水戸市は梅の名所で日本三大庭園の偕楽園がありますが、車買取店も沢山あり

もう3月も中旬、早いですね~。 桜の季節はまだ早いのですが、梅は

→もっと見る

PAGE TOP ↑